スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まったり土曜朝市

毎週土曜日の朝は森山神社の土曜朝市。
以前は毎回ブログにアップしていたけれど
最近は全然書かなくなってしまいました。

思い思いに遊ぶ子どもたちに、おしゃべりに余念がない女たち。
今日も森山神社にみんなの笑い声が響きます。





なんと言っても今日の一番人気はあやちゃんとミッシェルの
ベトナム屋台。フォーのようなヌードルを出しています。



焼き肉や肉団子のようなものとパクチーなどの野菜が
米粉の麺ビーフンの上にたっぷりてんこ盛りで600円。これは安いね。



横で焼鳥屋のように炭火で肉を焼いているミッシェル。



いつもは行列ができるパン屋のTette.
今日は余裕でフォーを食べている。



パンもたっぷりあったね。こんなTette.もめずらしい。



もう一つのパン屋「ねことうたた寝」の田中夫妻。
いかにもマジメそうですね。



lepas manisはいつもの定番の洗剤やルグのブラと
妹が作った天然石とスワロフスキーのピアス、
そしてはかなくなった靴を並べてプチフリマもやりました。

そのとなりはお馴染み夏代さんのスパイス屋。
今日はチャイが完売でしたね。five beansが牛乳を忘れたからかな。



赤い看板と赤いテーブルクロスがポイントの
betts & bara(ベッツ & バラ)って「別腹」だよね。
神明社あさいちに出てくれていたのですが
森山神社にも進出。



これでもかと言うほどフルーツがたっぷり乗ったマフィン。



一品勝負のYavas農園。今日はオクラ三昧。
私が写真を撮るのが遅くて、もっとたくさんあったオクラも
これだけになってしまいました。



のんびりまったり、なんとも心地いいこの空気感。
葉山らしい独特の時間が流れる森山神社の土曜朝市。

大賑わいだった10月4日の神明社あさいち

お天気にも恵まれ気持ちのいい秋空の下、
5月以来久しぶりの神明社あさいちを開催しました。

2週間前にBEACH FMに出演し、
「しもやま よもやま むかしばなし紙芝居」のことをお話しして
今度はタウンニュースの一面に載せてもらったからでしょうか、
久しぶりにかなりの人出となった今日の神明社あさいち。

10月はお月見のお飾りと月見団子。
昨日の夜遅くまでかかって作ったお団子。見事完売しました。
たくさんの方に美味しいと言ってもらえてホッと安心。




みたらしより評判が良かったあんこ。
作ってくれた恵子さん、ありがとうございました。



にこにこと愛想良く販売してくれた実行委員の岩尾さん。
このお団子の利益はすべてあさいちの積み立て金に入ります。



ススキと萩、漆のお膳にお団子、そしてお野菜。
今までは澁谷さんにお供え物の秋の収穫物、
お飾りのススキや萩を持って来てもらっていたのですが
今年からは私たち実行委員でやることになりました。

運良くすっごくおおきな萩の株があるおうちを教えてもらって
先日の大雨大風で花が大部分散ってしまっていましたが
快く切ってくださいました。







今回は初出店が4店舗。
まずは横須賀から来てくれた無農薬野菜のSHO FARM
カラフルな野菜がかわいいです。





そして神明社のすぐ近くのル・セル(フランス語の塩)
という名前に変わった旧「松」。
「日本の塩100選」の著者 玉井 恵さんが
10数種の塩を持って来てくれました。





森戸からいらっしゃった布ぞうりの葉山 柿の実
実は布ぞうりよりほうきが一番人気のようですね。





最後に夏代さんのチャイとスパイスのスパイス屋~Bleu et Vert
フリマも同時開催しています。



夏代さんは毎週土曜日の森山神社土曜朝市にも出店しています。



お馴染みのレギュラーメンバーBEACHです。



お隣はOne Color Studio改めbetts&bara (ベッツandバラ)。



フルーツたっぷり、豪華で美しく贅沢なケーキたち。



豆腐マイスターのみどりちゃん ハヤマンヌです。



かわいいウサギまんじゅう。



ドーナツが人気のもりや焼き菓子店
いつもコーヒーの販売をお手伝いしていただいています。
守屋さん、ありがとうございます。



小粋なフランス料理の食堂ル・カナリ



フォカッチャサンド、クロックムッシューも、ガトーショコラ、
マクロビマフィン、すべて完売でした。ありがとうございました。



反対側には下山の老舗料亭本ふじ



女将の息子さんとその仲間立ちがいつも子どものために
輪投げをやってくれています。今日は誰がワインをGETしたんだろう?



いつも子どもが集まる天笠美玲さんの四畳半ノ星空書房



そしてこちらは柏谷さんの売りつくしフリマ中





そしてついに紙芝居の上演です。
今までにないお客様の数で場内満席でした。
きっとタウンニュース効果!



神明社あさいちを始めた3年前から思っていた紙芝居。
この下山の漁村に残る昔話を掘り起こして
紙芝居にして神明社あさいちで上演したい。
昔はおじいちゃん、おばあちゃんから聞いただろう昔話を
紙芝居にして子ども達に伝えたいと思っていました。

それを聞いた下山会の会長の沼田誠二さんが
「郷土誌 葉山 下山口編」を持ってきてくれて
この神明社の成り立ちのお話しを知りました。
あさいちを神明社でやっていることもあり
これはぴったりと、このお話を取り上げることにしました。

それから今日まで多くの方々のご協力を得て
たくさんの試行錯誤を積み重ね、紙芝居が出来上がり
やっと今日の晴れ舞台を迎えることが出きました。
素晴らしい木版画を描いてくださった村田エミコさん、
本当にありがとうございました。
一緒に紙芝居を作って来た今村君が
仕事でこの場に参加できなかったことはとても残念です。

そしてそもそもこのお話を「郷土誌 葉山」に掲載してくださった
葉山郷土史研究会のみなさん、さまざまな文献をひもときながら
膨大な時間と努力を重ね、これを記事になさった今は亡き高城通教さん。
今日は葉山郷土史研究会の副会長の鈴木雅子さんも
亡き高城さんのご両親もお見えいただきました。
神明社あさいちの全員心から感謝いたします。

この紙芝居をみなさんに楽しんでいただきながら
今は消えてしまった豊かな下山口の文化、昔の暮らし方を
子ども達に伝承していければと思っています。
地元の歴史を知ることで、地元への愛着心が芽生え、郷土愛を育み、
自分たちが住む地域を大切にしていくきっかけになるといいなと思っています。



 

しもやま よもやま むかしばなし 神明社の巻

神明社あさいちを始めた3年前から思っていた紙芝居。
この下山口の漁村に残る昔話を掘り起こして
紙芝居にして神明社あさいちで上演したい。
昔はおじいちゃん、おばあちゃんから聞いただろう昔話を
紙芝居にして子ども達に伝えたいと思っていました。
その第一弾として国からの助成金を得て
「しもやま よもやま むかしばなし 神明社の巻」という
神明社の成り立ちを描いた紙芝居が2年がかりでやっとできました。
そして「タウンニュース」の一面に取り上げていただきました。


「アンニャとkokoの地球市民の育て方」10/25のご案内

アンニャ・ライトが再び来日中!
『アンニャ・ライト Be the Change!ツアー2015
いのちの地球(ほし)を抱きしめて』を行っています。
鎌倉逗子葉山エリアではソンベカフェで
コスタリカに移住したkokoちゃんとTALK & LIVEをやります。



前半はアンニャのライブ。後半はkokoちゃんとのトークセッション。
kokoちゃんは3.11前まで鎌倉に住んでいて、今はコスタリカ在住。
軍隊を持たない永世中立国 コスタリカで、
学校に関わるkokoちゃんの活動のお話しを聞ける貴重な機会です。
http://www.imakoko.org/archives/2782

お子さんの学校問題で悩むお母さんにはぜひお越しいただきたい!!
会場との対話の時間も設けますので、学校や子育てについて語り、
そして私たち大人も学び深め合う場になればいいなと思います。

とってもとっても楽しみにしてご予約お待ちしています!

Be the Change鎌倉実行委員会 川崎直美

=======================================

アンニャ・ライト Be the Change!ツアー2015
   いのちの地球(ほし)を抱きしめて

   アンニャとkokoの地球市民の育て方

日 時:10月25日(日)19:00-21:00
場 所:ソンベカフェ(鎌倉駅西口徒歩3分)
http://song-be-cafe.com <http://song-be-cafe.com/> 
参加費:1,500円+ワンオーダー
(お食事のご注文は予約時にお伝えください)

定 員:25名(要予約)
申込先: anja.kamakura@gmail.com

環境活動家でシンガーソングライターのアンニャ・ライトさんが、
娘のパチャとともに来日!
10月22日から11月2日の10日間、愛・いのち・平和をテーマに各地で
トークライブツアーを行います。
12月頭にフランス・パリで開催されるCOP21(気候変動枠組締約国会議)への
メッセージとともに、森を守り、いのちを育むために、
私たち自身のBe the Change!を訴えます。
https://www.facebook.com/anjatour2015

鎌倉では「アンニャとkokoの地球市民の育て方」というタイトルで、
アンニャとkokoのトークセッション。

オーストラリアとコスタリカ、自然のなかでスローでシンプルな暮らしと
子育てを実践する2人のママから、学校や教育についてお話ししてもらいます。
2012年の来日では、アンニャが小学校PTA会長を引き受け
学校にオーガニック菜園をつくったお話が印象的でした。

kokoちゃんは鎌倉からタイを経てコスタリカに移住し、
娘さんが通う小学校で「地球市民」という授業を担当することに。
非暴力コミュニケーションやメディテーションも取り入れたこの授業が大好評。

そんな2人のママのBe the Changeな学校との関わり方、聞いてみましょう!


アンニャ・ライト Anja Light プロフィール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シンガーソングライター、環境活動家。スウェーデン生まれ、オーストラリア在住。
10代より森林保護運動、反核・平和運動に取り組む。1999年、日本の仲間たちと
環境=文化NGOナマケモノ倶楽部を結成。現在共同代表を務めると同時に、
二児の母としてslow, small, simpleなライフスタイルの実践に取り組む。
CDに「Slow Mother Love」、「とべクリキンディ」など。
日本語での著書に『しんしんと、ディープ・エコロジー~アンニャと森の物語』
(大月書店)他。10月頭に新アルバム「Be the Change」をリリース。


丹羽順子 koko プロフィール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サステナブル・クリエイティブ・コミュニケーター。
NHK報道記者、ドキュメンタリストとして世界を飛び回る生活から、
妊娠・出産という神秘を体感したことで鎌倉に拠点を移す。
オーガニックなライフスタイルを始めるとともに、
古着の交換会xChangeや持続可能な鎌倉のまちづくりを目指すNPOかまわ、
フジロックフェスティバルのアバロンステージに関わり
新しい社会のデザイン作りに励む。
現在はコスタリカにて「原点回帰」をテーマに全ての営みに
100%のエネルギーを注ぎながら奔走中。
http://www.imakoko.org


主催:Be the Change鎌倉実行委員会
協力:トランジションタウン鎌倉、トランジション葉山
ツアー主催:ナマケモノ倶楽部

地域手当のその後


4月26日の町議選に向けての選挙活動ではまるでそれが争点の如く語られていた地域手当。
6月の議会で結果的にどうなったか、たくさんの方が知らないようなので
こんなちらしを10,000枚作って全戸配布しようとしています。





 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。