スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障子の修理

今年のまでいなマーケットはほんと、盛りだくさん!!

私の一押しは、チカ・ノッチの日本の大麻の繊維・精麻(せいま)から

1本撚りと2本撚りのひもを作るワークショップ。







そして去年も出店してくれた地元で和棉を育てて

糸を作り染めて織っている久保奈美子さんの糸紡ぎワークショップ







この二つのワークショップで使う一色会館の二階の部屋。

確認しに行くと悪くないんだけど、障子がびりびりに破れていて・・・

いくつか穴が空いているぐらいならいいんだけど

びりびりに破れているところが2、3ヶ所あって

ちょっといただけないから修理しようと思って

春日さんと話していると、

「障子、外しちゃえばいいんじゃないですか」

がぁ~ん! そっちかぁ・・・



まぁ、確かに二階はこの部屋しかないから

扉を閉めなくても問題はないんだけど

でもねぇ・・・



春日さんも確認してみると、けっこうひどいので

これをちょこちょこ切り紙貼って直すぐらいだったら

貼り替えたい、と言うのが春日流、だって。

でもさぁ、貼り替えるんだったら、障子外して洗って

紙剥がして乾かして・・・そこまでは出来ない。

やっぱり補修しよう。と言うことで紙だけ春日さんにもらった。



そしてこうなった。



これ、写真で見るとそんなにひどくないんだけど

実際に見るとかなりひどぉ~いって感じだったんだけど。



 







 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。