FC2ブログ

神明社あさいちが2/3から始まります。

2/3(日)から毎月第一日曜日の10時から12時まで

下山口の神明社で下山口商店会主催で「神明社あさいち」を始めます。











商店会主催と言っても、企画運営をやっているのは

TIDE POOL代表の今村直樹君(商店会メンバー)と

はすくもの佐藤恵子さん(非商店会メンバー)と

私(商店会メンバー)の3人だけ。



******************************

今出店が決まっているのが

*コーヒー(カフェティエ)販売は私がやります。

*タイヌードル(ルゥアイルゥアイ)

*ドリンクいろいろ(亀ヶ谷商事)

*朝がゆとおかず(本ふじ)

*ドーナツ(夢空間)

*クッキー & スイーツ(AVEC)

*マクロビマフィン & フォカッチャサンド(ル・カナリ)

*餅つき(下山会)

*炭火で自分で焼くトースト(TIDE POOL)

*フルーツの瓶詰め & 雑貨(はすくも)

*洗剤とTシャツ(lepas manis)



その朝採れた野菜があれば農家さんが、

魚があれば漁師さんが出してくれるかも。



朝ご飯を食べに来てね。

マイカップ、マイ箸、マイ皿、マイボール、お忘れなく!!



******************************



「神明社あさいち」では毎月その季節にちなんだ

日本の行事やワークショップを催します。



2/3は節分。豆まきもやりますよ。

子ども達は自分の年の数だけ豆をもらってね。

鬼やおたふくのお面づくりもありますよ。




******************************



この朝市をやることになったいきさつと私の思い。



私は311以降、西や南に移住することを考えていたけれど

正に招かれたような絶妙なタイミングの結果として

ここ下山口に引っ越してきてお店をすることになりました。



特にコミュニティーショップとかは謳っていないけれど

それ以来、このお店を地域の皆さんに利用してもらえるお店、

地域の人達のためのお店として貢献したい、

そして地域の人達に支えられ支え合いながら

地元で経済を回し地に根ざして暮らしたい、と

ここで私の役割があるんじゃないかとずっと思っていました。



ここ下山口は、私が今まで住んでいた逗子や世田谷とは違って

地の人、何世代もここに住んでいる人が非常に多い地域です。

昔のままの漁師村の色濃いところです。

そんな中、私たちのような東京から越してきた新住民、

トランジション的な考え方、エコでオーガニックな人達と

昔からいる旧住民の間に大きなギャップがあることが

明白になってきました。



そして2011年の夏から「森山神社の土曜朝市」に誘われ

毎週参加してきました。そのうち朝市の前に掃除したりなど

少しずつ氏子会のおじさん方と顔見知りになったり

大晦日の甘酒作りを手伝いたい、大例祭の手伝いをしたいと

思うようになり、森山神社との関わりが増えてきました。

(実際には掃除以外何もしていないんだけど)



でもそうすると、そもそも私は下山の人間、

下山の神社、神明社を見てみると、相当寂れている!!

地元の人の近道、駐輪場、駐車場になっている。やばい!







辛うじて、初詣とどんと焼き、夏祭りはやっているけれど

森山に比べるとかなりちっぽけ。

森山神社はとてもすてきな神社で大好きだけど

そんな状況で、私が地元の神社ではなく

森山神社に深く関わって行くことが

果たしていいのだろうか・・・と思うようになりました。



神明社は10年ほど前に雷で本殿が全焼してしまい

今の本殿は、モルタル塗りのアルミサッシ、何とも味気ないです。







このことで皆さんの士気がかなり落ちたそうです。

でもここが私の神社、地の神が宿るところ。

神明社を何とか活気づけたい、人が集まる場所にしたい、

いいエネルギーで溢れる場にしたい、定期的にお掃除をして

もっともとっときれいにしたい、と思うようになりました。



そこで神明社で朝市をやろう、下山口商店会主催にすれば

(去年から私も下山口商店会のメンバー)

さまざまな地の人と繋がれる、と思った訳です。







                   下山口商店会の会合@大海荘



そして朝市の前日にはみんなで掃除をするという

月1回でも定期的な掃除も可能になります。



実際この企画を進めていく中で、今まですぐそばに住んでいるのに

会ったこともない人、顔は見たことがあるけれど誰だか知らなかった人、

氏子会の人、町内会の人、下山会の人と、たくさんの地の人達と

知り合うことができ、多くの協力をしてもらえることになりました。

なんと、うちの大家さんの80代のおばあさんも手伝いに来てくれます。



こういう方々は私たちがやるような、どちらかと言うと

エコライフ提案型のイベントには絶対に来ないし

私も今まで地元のイベントには第三者的な傍観者でした。



まるで別の世界に生きているかのように思っていた人達が

ちゃんと知り合ってよく話してみると、同じことを感じていたり

同じ意見を持っていたりするのが分かって共通点が見いだせて

一つのことを一緒にできることを、本当によかったと思っています。



町を変えたい、もっとオーガニックなものを広めたい、

地域に根付いて暮らしたい、と思っていても

まずは地の人と知り合って、信頼関係を築いていくことが先決ですね。

そのために一つのこと、この「神明社あさいち」を一緒に作っていく

機会が与えられて本当にうれしいと思っています。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント