スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちに待った金継ぎワークショップ

ずっと前からやりたかった金継ぎのワークショップ。

というか、自分が金継ぎをしたい割れたり欠けたりした食器が

相当溜まってきたからだけど。



あるきっかけで紹介してもらった藤田美穂さんの金継ぎワークショップには

予想を上回る定員オーバー、11人の方がお越しくださった。

ほとんどがこの近辺の知り合いや友達だったけれど

東京など遠くから来られた方も2名いらっしゃった。



またもや使用前・使用後の前の方の写真は取り忘れている。

やれやれ・・・



せいじゅんさんのボール。縁の欠けを直しただけでなく

そこに金で葉っぱの絵を描いて全く別物に生まれかわっている。







こちらもせいじゅんさんのマグカップ。

大型の葉っぱの下に雨のしずくがおちているよう。







いずれも表側には何も描かれていないので中だけ。

そこが何ともおしゃれで心憎いね。



お隣に座っていた羽後さんの素朴で優しい感じの器。







京都で買ったという光絵さんのなます皿。







彼女とケンカしたときに彼女が割ったと言う小鉢を持って来たたー君。

これがかなり多数の破片に割れていたのにとっても上手に修復している。











元々立体で入っている柄に合わせて銀で絵を描いて

平面と立体が融合したようなとてもユニークな器に変身した。







金属製のコーヒーポットの蓋がガラス製。

その蓋の部分を修正しているみよちゃん。







伝統のモチーフ 上品な網目柄のお茶碗。











私も大好きな青磁のシンプルな器。







金継ぎの半分が斜線柄になっている。にくいね。







これも縁の掛けが1箇所だったのを点線のように金を入れて

別の器のように蘇っている。







びっくりしたのがこれ!

縁の欠けも直して、元々あったブルーの模様の縁に

ほぼ全部金で線を入れて、これまた全く違う物に変身している。

これがあまりにも馴染んでいて、元々こういう物だったかのようだ。







春日さんの器たち。











金継ぎの正統派的な仕上がり。

春日さんがこんな細い線をこんなにきれいに描けるなんて

ちょっと意外だった。失礼、失礼!















そして私はいくつもあったのに、完成させられたのはこれだけ。

やれやれ、何でこんなに遅いんだろうか・・・

それもそうか、途中抜けてマフィンを食べに行ったりしていたもんね。

ちゃんとまじめにやんなきゃね。



スポンサーサイト

曼荼羅ワーク体験会

曼荼羅ワーク体験会を開催します。

『わたしの色とかたち』を描いてみよう!



自分とつながる曼荼羅アート。

あなたは何色?

あなたらしさはどんなカタチ?



こども心で遊ぶように、素直に

描くプロセスの中で、

曼荼羅にこころの内が映し出されていきます。







複雑そうに見えて、実はとってもシンプル。誰にでも描けるアートです。

どんな自分に出会うのか…。

一緒に楽しんでいきましょう。



日 時:5月19日(月)13:00~15:00

参加費:3,000円 お茶とスイーツ付き

場 所:lepas manis

ご予約は info@lepas-manis.com

もしくは sayura110601@yahoo.co.jp


金継ぎワークショップのお知らせ

ずっとやりたくてやっと実現した

金継ぎのワークショップのお知らせです。



別に高価なわけではないけれどお気に入りで日々使っている食器が

欠けてしまったり割ってしまった時、皆さんはどうしています??

欠けたぐらいなら我慢して使っていると思いますが

割れちゃったら捨てちゃう? ボンドでくっつける???

そんな時、「金継ぎ」と言う方法があるのを知っていますか?

割れてしまったり欠けてしまったりした器に新しい命を吹き込む日本伝統の手法です。







ワークショップでは、新ウルシを使った時間が短い手法をお伝えいたします。

伝統的な手法とは異なりますが「金継ぎ」の特長でもある

+αの「景色」を加える行程をより楽しめると思います。

敷居が高そうな「金継ぎ」を身近なものに感じるキッカケとなれば嬉しいです♪





日 時:5 月 25 日(土)10:00 ~ 13:00

参加費:2,500円 ※ワンドリンク制になります(300円)

場 所:lepas manis

定 員:10名様

講 師:藤田 美穂

    KINTSUGI-LOVER / 葉山在住 /

    湘南や都内でのワークショップを中心に活動



持ち物・注意点は以下をご確認ください。



≪持ってくるもの≫

・ 金継ぎしたい器 1~3個

  →作業時間が限られているため、器の状態は次のものを想定しています。

  ・2~3パーツでの割れ

  ・小さな欠けやヒビ



・ エプロン



・ 洗濯バサミ

→修繕箇所が1か所の場合、洗濯バサミ2つが目安。



・ 器が入る小箱(あるとベター)

→漆が乾ききらない場合、箱に固定してお持ち帰りいただけます。





≪ご注意≫

・金継ぎした器は、レンジや食洗器などへの利用、

 クレンザーでの洗浄はできなくなります。



・ワークショップでのウルシは「新ウルシ」を利用します。

 新ウルシは合成接着剤になります。

 念のため小さなお子様が日常利用する食器にはおすすめしていません。



・キャンセルは早めにご連絡いただけると助かります。恐れ入りますが前日、

 当日のキャンセルは材料費として1,500円いただいております。

 予めご了承ください。



=======================================================



ご予約はlepas manisまで。

それでは皆さんのご参加をお待ちしています。

端午の節句を祝う神明社あさいち

いいお天気に恵まれた5月4日。

鯉のぼりも上がって神明社あさいちが始まった。



20140504_7.jpg



今日初出店のハヤマンヌのみどりさん。

オーガニックの黒糖ちまきと柏餅を作って来てくれた。

もちろん売り切れ。



20140504_2.jpg



もう一人の初出店者は「やまねこ」。

タイで買ったというパラソルが小粋な感じ。



20140504_4.jpg



ボリュームたっぷりの魅力的なお弁当と

パウンドケーキは見る見るうちに売り切れた。



20140504_5.jpg



avecの仁美さん、寒そうだねぇ。



20140504_9.jpg



こっちの山長のサラダミックスもいつもすぐなくなっちゃうね。



20140504_3.jpg



ポーズを取って笑顔がまぶしい澁谷さん。



20140504_6.jpg



今日はhasu-kumoはお泊まりキャンプでお休み、

ルゥアイルゥアイもBEACHもゴールデンウィークでお店が忙しくてお休み、

ichigo ichie、ル・カナリとお休みのお店が多かったのがちょっと残念だったが、

その割にはまぁまぁな人出だった。



20140504_1.jpg



輪投げを楽しむ親子。今日は今村君がワインを取ったね。おめでとう。



20140504_8.jpg



水鉄砲作りのワークショップをやったが、写真を撮り忘れてしまった。

人気商品をお買い上げ

これ、アップするの忘れてたね。



この日来てくれた将夫ちゃんとともちゃん。

までいなマーケットで見て気になっていたという

ジップアップコートを試着して、チョーお気に入りいただき

お買い上げ頂きました。よくお似合いでした。

それも日本人は普通避けたがる白!!(生成だけど)







とってもお見合いで、もう一つのお気に入り

micosechitaのシアバタークリームを手に持って

はい、チーズ、でした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。