スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉山花火大会2013

去年も確か美恵子さんと鼻先で見た葉山の花火。

大津谷さん夫妻と小夏ちゃんもいたっけ・・・



鼻先とは、一色海岸と大浜海岸の境にある半島。

花火そのものは森戸で上げているけど

一部がこの鼻先の目の前で上がる。

それを見たくて年々ここ鼻先には見物客が増えている。

今年はかなり多くてお巡りさんもたくさん出ていた。



















































スポンサーサイト

メキメキ大きくなってきた綿

ここのところメキメキ大きくなってきた綿。

それでも約1ヶ月か、それ以上遅れての種蒔きだったので

普通ならもう木になっているはずだけど。







毎日の水やりが楽しみ。


LOTUS HEART 2013 春夏をすべてサイトにUPしました。

さまざまな状況でなかなかUPできていなかった

2013 春夏のLOTUS HEARTをやぁ~~っとすべてUPできました。



好評のガウチョパンツとTシャツは今シーズンのトップカラー

アプリコットとカスタード。











今シーズンは基本に戻るというテーマで

とてもシンプルなベイシックデザインに徹しました。

シンプルワンピース。











そしてシンプルスカート。

ヨガパンツと同じウエストのAラインスカートと

ボートネックTシャツ。











定番のヨガパンツとワイドネックチュニック。











夏の必須アイテム シンプルタンクトップ。







もちろんメンズTシャツもあります。







ご購入は

http://lepas-manis.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=892003&csid=0

福島の仮設住宅のおばあちゃん達が作ったカゴが入荷しました。

前々から待っていた福島の仮設住宅のおばあちゃん達が作ったカゴが入荷しました。







梱包用の紙テープで作った軽くて使いやすいカゴです。

値段もお手頃で、右から4,200円、5,775円、5,250円、5,250円。

後日追加で入荷しますが、あるだけ限りです。

サイズや色指定での別注も承ります。



これを作っているおばあちゃま方は、富岡町(原発10km圏内)の被災者の方々です。

今は、郡山の仮設住宅に暮らしていらっしゃいますが、帰る家がありません。



そんな皆さんが少しでも「生きる」糧の手助けをして差し上げられれば

という気持ちでバッグの委託販売を請け負っていらっしゃる

湘南の仲間からお預かりして販売しています。

7/12~24 触りここち、着ここち、眠りここちを by plan*eta

長くタイのチェンマイですばらしい製品を作り続けている

plan*etaの「触りここち、着ここち、眠りここちを」を

7 / 12(金)~ 28(日)に開催します。











手紡ぎの無農薬コットンとヘンプを主とした自然素材を

自然の草木で染め、村人の手で織り、ていねいに仕上げました。

プラネッタ・オーガニカの製品は、

豊かなくらし心地を心ゆくまでお楽しみ頂くために

自然環境とのよりよい共存関係を基調にしています。

着ごこちのよいコットンとヘンプのシンプルな普段着、

シーツやブランケットなどの寝具、タオル、布ナプキンなどを

豊富に取り揃え、皆様のお越しをお待ちしています。



ぜひお越しいただき、このすばらしいコットンとヘンプの布たちの

肌触りの良さを感じてみてください。

綿の苗を移植

もう少し大きくなってからと思っていたけれど、もう限界。

葉っぱが黄色くなって来て苗床の土に栄養がない。畑に入れよう。



苗を移植して、キエーロの土を少し蒔いて草マルチをした。











二葉が綿の葉っぱの形になって来ている。




神明社あさいち 七夕にみんなの願いを込めて

朝の7時からピーカン、夏日の7月7日。

神明社あさいちは楽しみにしていた七夕。



木陰にタープを張った「本ふじ」のブース。

短冊やお飾りを付けた笹をテントに結わいている。

おひな様の時は吊るし雛を、5月5日は兜を、と

ちゃんと季節の行事を用意してくれている

本ふじの女将 裕子さんはすてき!



77_asaichi_1.jpg



焼きそばは人気の朝ご飯。

浩君がお休みで腕を振るっているレイリー。



77_asaichi_3.jpg



下山祭で出店していた駄菓子屋さんも

今日はかき氷が売れたでしょうね。



77_asaichi_2.jpg



今日は絶好の海日より。

海に行く前にあさいちで朝ごはんを食べてから。



77_asaichi_4.jpg



今日初参加の「山長」の村井さん。



77_asaichi_5.jpg



上山口の畑でご自分で作ったイタリアやフランスの野菜を販売。

彩りの美しさが人目を引いている。すごくきれい!!



77_asaichi_6.jpg





77_asaichi_7.jpg



あまりの安さにびっくり!

この赤玉ねぎ、袋いっぱいで50円!!

30円とか50円で100円以上のものがない!!



77_asaichi_8.jpg



77_asaichi_9.jpg



こちらも初参加の「若葉子ども会」。

綿菓子、ラムネ、ポップコーン・・・子供達もお手伝い。



77_asaichi_10.jpg



「SUN」はいつものシフォンケーキに、今日は麻のバッグも並んでいた。

お隣はこちらも初参加 九州野菜の「ハーベスト・ステーション」の北井さん。



77_asaichi_11.jpg



野菜のほかに食品も少々。



77_asaichi_12.jpg



お馴染み「ル・カナリ」。

人気のフォカッチャサンドやキッシュにマフィン。



77_asaichi_13.jpg



もう一人初参加の中川さん。

お気に入りの雑貨やアクセサリーを販売。



77_asaichi_14.jpg



植物の苗「ichigo ichie」。



77_asaichi_16.jpg



77_asaichi_17.jpg



ゴザの上で子ども達が短冊に願い事を書いたりお飾りを作っている。

短冊の下準備を一手に引き受けて、このコーナーを担当してくださった

児童館の原田さん、大変ありがとうございました。



77_asaichi_15.jpg



いよいよあさいちが終わり、竹を浜まで持って行く。

もっとたくさんの子ども達がいるかと思えば

あまりの暑さにみんな早々と帰ってしまった。



77_asaichi_18.jpg



子供のように手を挙げてポーズしている誠二さん。

漁師のまーちゃんが呆れて見ている。







大浜に到着。



77_asaichi_19.jpg



「BEACH」のご協力でアウトリガーカヌーで沖まで持って行く。



77_asaichi_20.jpg



77_asaichi_21.jpg



77_asaichi_22.jpg



この強い風の中、竹を直立させるのは、かなり大変だったはず。

子供達に見せようとがんばってくれたようで、ありがとうございました。



77_asaichi_23.jpg



77_asaichi_24.jpg



77_asaichi_25.jpg



77_asaichi_26.jpg



海に流した竹は、梅吉丸に回収に行ってもらうことになっていたけれど

潮の流れも風も強く、けっこう早めに浜に流れ着きそうだった。

でも待ってはいられないから、横にいたシーカヤックの人に

誠二さんがお願いして回収してもらった。



こうやって無事終了した七夕の神明社あさいち。

みんなの願いは叶うでしょうか。



8月の神明社あさいちはお休みです。


開墾日記 その6

はぁ~い、できました!

一段目の棚田の土留め。



お手伝いに来てくれた亜矢ちゃん、田中君、

ありがとうございました。







右端の方がかなり下がっているので、石やブロックの割れたの、

瓦の割れたのなどで底上げして、何とか水平にしている。

それでも水平器で見るとまだまだ下がっているけど、まぁいいや。



あまりみっともよろしくないので何とかしたいけど

そのうちさまざまな植物が生えてくると

これも隠れちゃうかも。







そしてもうギリギリ限界だったトマトを5株、

アーティチョークを1株入れた。

元気に育ってくれるかなぁ。







あとは綿のためのスペース。

全部ふるいにかけるのが理想的だけど、ちょっと大変。

それに綿だからそんなにいい土でなくても育つはずなので

とりあえず今年はこれでいこう。

でもこれでやっと畑らしくなったね。



明日は池を作る予定の場所の草刈りをやろうかな。

それともやっぱりふるいにかけようかなぁ・・・

開墾日記 その5

ここのところ雨続きだったり、までいなマーケットのことで忙しく

しばらく畑作業はお休みしていた。

久しぶりに行ってみると.せっかく草刈りしていた段々の方は

ビッシリと草の芽が出ていた。やれやれ・・・



へこたれず気を取り戻して黙々と草を抜き取り

軽く耕し、一段目の竹を置いて水平をとった。







明日は、水平に置いた竹に合わせて土を水平に整える。

土の面は左側から右側に向けてかなり下がっているので

たくさんの土を右側に移動しなくてはいけない。



明日は二人の人がお手伝いに来てくれる。

杭を打って竹を三段積み上げるまでできるといいな。

そうしたらまずは、もうビニールポットでは限界の

トマトの苗を入れよう。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。