スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉山の川の水質調査

毎年6月に全国一斉に行われている「身近な水環境の全国一斉調査」。

(全国水環境マップ実行委員会事務局 みずとみどり研究会 主催)

私は去年の「環境フェスタ 葉山の川・海・水道を知ろう!」の

関わりから、初めて参加して下山川14ヶ所の調査をした。



葉山の環境問題に取り組む「環境ファミリー」が2004年から

「東京都市大学 環境情報学部 田中章研究室」が2006年から

「トランジション葉山」が去年から参加して合同調査している。



漠然と川を海をきれいにしようと叫ぶだけでなく

実際の川の状態を知るとてもいい機会だ。

数値でわかるだけでなく、実際に行って現場を見る、

体験して知ることができる。



葉山には下山川と森戸川の2本の川があり

私は下山川流域に住んでいるので、

去年も今年も下山川の水質調査に参加する。



まずは橋の上からバケツで水を汲む。







水温を測り気温も測る。







採取した水を特定の小さな容器に入れて、試験薬の入ったチューブに移し取り

4分置いて、変化する色を用紙の色と合わせて見る。











数値は0~8、単純に言うと0は汚染がなくて、8は最悪。

8以上もある。



去年は「水源地」0、「不動滝」1だったけれど

今年は「水源地」3、「不動滝」2と







水源地とは、昔ご用邸のために供給する水として設置された湧き水の出水場所。

でも今は誰も使っていないし、一応立ち入り禁止になっている。

きれいな水が流れっぱなし・・・もったいない。



下は不動滝。









2012年 去年の調査結果









2013年 今年の調査結果







結果としては、相対的に去年よりも今年の方が汚かった。

なぜだか、原因はわからないけれど、調査は1年に1回なので

天候、大雨が降ったあととかちょっとしたことでも変わるので

実際に去年よりも汚いかどうかは、判断しにくい。



川を見ると大きなごみが流れてはいるけれど、

なんと、バイクが一台落ちていた。







水そのものはそこまで汚くは見えない。でも数値は非常に悪い。















これを機会に、川を、海を、具体的にきれいにすることに

発展していけるといいな。



========================================



今回は思ってもみないはハプニングが次から次へと・・・



まず最初はご用邸のすぐ横の下山橋で、ハッとしてバケツを落としてしまった野中さん。

皇宮警察にお願いしたので、ご用邸中の橋の上に長ぁ~い棒を持って来てくれたのだけど

流れが遅くてなかなかそっちまで行かない。呆然と見ている野中さん。







待ちきれず、ズボンめくって水の中へ入って行く野中さん。







 



やれやれ・・・ズボン、びっしょびしょ!!



========================================



その次は一色橋でバケツのロープが外れてしまった。

ロッククライミングをやっていた高柳君がすかさずロープを身体にくくりつけて



 



崖面をはうように下りていき、めでたくバケツキャッチ!!

彼は一切濡れずにすんだ。



========================================



そして最後に水源地橋では、またもやロープが外れてバケツを流してしまった芦君。

これは濡れずにうまく向こう側に行くことができてめでたくキャッチ!!







水難に次ぐ水難。去年はこんなことはなかったかと言うと、そうでもなくて

最後の下山川源流で、今までの調査票をすべて水に落としてしまった。











陽太君が取りに行ったけど、白石橋と平橋のが見つからなくて

去年の表にその二つが記載されていないのはそのせい。あれあれ・・・


スポンサーサイト

6/23(日)までいなマーケット@一色会館

去年とっても好評だったまでいなマーケット。

今年もやりますよ!! お楽しみに!!



madeina2013_01.jpg





madeina2013_02.jpg



madeina2013_03.jpg



madeina2013_04.jpg





「までいな」とは「真手(まで)」という

古語が起源の福島県飯館村の方言。

「手間ひま惜しまず、丁寧に、心をこめて、じっくり」

というような意味で使われています。

「までいな」な暮らしへの変換が求められている今、

葉山で手に入る「までいな」なモノたちを集めました。



****************************



日時 / 2013年6月23日(日)11:00~16:00

場所 / 森山神社 一色会館 駐車場 / 旧役場

主催 / までいなマーケット実行委員会

後援 / 葉山町 協力 / トランジション葉山・陰陽洞




ボランティアスタッフも若干名募集しています!

皆さんの応募をお待ちしていますね。




****************************



までいなマーケットでは、

今年もオーガニック・地域性・独自性・専門性の

4つにこだわったアイテムを集めました。

原材料の多くにオーガニック素材を用いた

食べものや衣類、地元葉山で穫れた野菜や魚介類、

オリジナリティ豊かな生活雑貨など、

じっくりと丁寧に作られたものたちが勢揃いします。



今年は飲食店が充実。人気のパンやスイーツをはじ め、

MADEYNA BARではオールスタードリンクが並びます。

昨年にはなかった器のお店も2軒新登場します。



また、館内には各ショップのオーガニック度や

地域度などを数値化した までいな度も

一覧表示しますので、ぜひご覧ください。



****************************



HP:http://www.madeynamarket.com/

Facebook、Twitter もあるよ、いいねしてね。

たくさんの皆さんのお越しをお待ちしています。




*地域通貨なみなみが使えるお店もあるよ!

*MY箸、MYカップなど大歓迎!

*お買い物にはトートバッグなどをお持ちください。

*ご自分のゴミはご自分でお持ち帰りいただくようお願いします。




までいなマーケット実行委員会

晶の畑は最高!

今日初めて晶の畑に行ってきた。

前々からお母さんののりちゃんと一緒に子安に畑を借りていると聞いていて

一度見に行きたいと思っていたが今日やっと行くことができた。



それと言うのも、までいなマーケットでチャルカがたこ焼きを出すのに

竹のお皿が追加で必要と言うことで竹を切りに行く、だったらついでに私も

カメの畑で土留めに使う竹を一緒に取りに行きたいと便乗させてもらった。



コミュニティーガーデンとは違って深い山に囲まれた

すばらしいところだった。





車を止められるところから、まるでハイキングのような山道を

少し歩いて畑にたどり着く。

ここは平坦だけど急な坂道、山道もある。











この下へ下りていくと沢があるという崖の竹藪から竹を切り出した。







これだけ切り出すのに大人4人がヘトヘト。















たこ焼きのお皿にちょうどいい大きさのものを選んで

切っているまどかちゃん。







よく畑で見かけられる風呂桶。余り感心しない光景だけど

お金をかけずに得られるもので雨水を溜めておくのにはちょうどいい。







車までは山道なのでものを運ぶのがけっこう大変!!

竹を担いで坂道をあがるぷー。







途中にある農家。とてもきれいな端正な畑だった。うらやましい!











群生している植物、このふわふわは何だろう。かや・・・?











これは漆???





















あれっ、フィルの蜂箱???

それともフィル以外にもこの辺で蜂箱やる人がいるんだろうか・・・

ちなみに蜂は入っていなかった。







竹をバッチリGETして、晶の軽トラで運ぶ。軽トラでしか運べないような

大きなテーブルなど、までいなマーケットで使う荷物をピックアップして

一色会館のすぐ横に住んでいる友達のおうちに当日まで置かせてもらう。



4mの竹4本はカメの畑に。軽トラでスレスレの細い路地。

晶は誘導しないとバックでは行けなかったけど

バックでもスイスイ行けちゃうクラちゃんと誠二さんは、さすがうまい!








モリモリと盛り上がる二葉

今が最終の追い込み、までいなマーケットの準備!!

この忙しいさなか、綿の芽が気になってしょうがない。



もうこの子たちったら! 昨日のあの状態から

今日はモリモリと二葉が起き上がって来ている。







あの赤い部分はどこへ行ったんだろう・・・





今夜最後のまでいなマーケット実行委員のミーティング。

あぁ~、ドキドキ、ワクワク!!

メキメキと芽が出てきた綿

雨続きの今日この頃。

苗床の綿がメキメキと、まるで音を立てるように

芽が出てきている!! かわいい!!

この元気な勢いはなんだぁ、と思うぐらいに。



















そしてきれいな色! あの白い粒からこの赤と緑!

自然の神秘に魅せられ、生き生き輝く命の様を眺める。

下山口商店会の総会 & バーベキュー 2013

今夜は下山口商店会の総会 & バーベキューが行われた。

場所はいつもの大海荘。相当豪華なバーベキューでしたね。

サザエ、アワビ、ハマグリ、トコブシ、エビなどの魚介類が

たぁ~っぷり! もちろん肉も焼き鳥もいろいろ。

そして野菜は、かぼちゃ、とうもろこし、ソラマメ、ナス、

アスパラガス、椎茸・・・

最後におにぎり、デザートのフルーツまで出てきて

もうおなかいっぱいになるほど食べちゃった。















新しく会長になったクラちゃんこと亀ヶ谷商事の光蔵さんは

慣れない総会の仕切りにしどろもどろ。

察した監査役 大海荘の朝臣さんが、じゃあ俺が司会をと、つつがなく進める。

前年度の決算、今年度の事業計画などをサラッとやって

あとは乾杯でブレークして飲んで食べておしゃべりして・・・

とても楽しい時間を過ごした。



興味深い話題もさまざま上がり、みんなの思いに共感もし

ほんと、この下山口に住んでいてよかったなと思えるいい時間だった。

綿の芽が出てきた!

そもそも綿と藍をやりたくて畑を探していて

思わぬことで借りられたカメの畑。

早速綿の種を蒔いたけれど、種が古かったせいか

全然芽が出ず・・・

綿プロの奈美子さんにお願いして分けてもらった種。

さすが2日で芽が出てきた!!











今度こそは元気に育っておくれ。

開墾日記 その4

今日はやったよぉ~、たっぷり一日中。

何人も手伝いに来てくれたし、おかげでずいぶん進んだ。



朝9時に行って1時間半ほどで、奥のブロック塀まですべて草刈りをやって

一度家に帰ってちょっと休憩して、また行った。



その時に夏代さんと、光絵さんとあきちゃんが来てくれた。

刈った草や枝を少し小さくして敷き詰め

その上にコンビニ建設地に山積みになっている土を入れる。



ありがたい男手タク君も来てくれたので

買って来た土嚢袋に、コンビニ建設地で土を入れ、

タク君が原チャリで運んでくれた。

これが純粋な肉体労働。けっこうきつい作業だった。

タク君、ありがとう!!



土嚢袋から土を出して手で均等に広げる、

あれだけ持って来てもここに入れると、ほとんど気休め程度。

それでもここまでできた。







この上に町で提供している腐葉土を入れる。

それでもすぐに作物が育つような土ではないよね。

1年寝かすか・・・







反対側は、光絵さんとあきちゃんが草刈り。

これで草刈りしたいところはほぼ終わり、かな。







入り口の段差のところも何とかしようと思っていたら

光絵さんが簡易階段にしてくれてた。

これで少し楽に出入りできる。







作業中は全く気が付かなかったけれど、多分光絵さんが

刈ったつるでリースを作って木の枝にかけてあった。







今日はほんと、ヘトヘトになるまでやったね。

膝の関節が痛いし、明日になると腰も痛いかも・・・


開墾日記 その3

今日はカンカン照りの夏日。

この暑い中、亜矢ちゃんが来てくれて

一人で黙々と作業してくれた。

ありがとうございます。



表のコンビニ建設作業場には、正に山のように土がある。

これ、破棄するようなので、もらえないか聞いてみたところ、OK!!

砂っぽくて作物を作るのには向かないけど、町でもらえる腐葉土は

そんなにたくさんはもらえないので、まずはこの土を入れて

その上に腐葉土がいいかなと思って。







畑に直接入れられるといいんだけど、

細い道なので軽トラがギリギリ通れる程度。

なので、まずは道のすぐ横を草刈りして

山積みできる場所を亜矢ちゃんに作ってもらった。







中の小道も、つるとかに足が引っかかって転ばないように

もう少しきれいにしてもらった。







このまま奥まで軽トラが入れると楽なんだけど

木を切らないといけないし、この小道の木漏れ日とかが

いいのでここはこのままかな。



あとはねこ車とかで人力で運ぶしかないね。

大変だけど。ねこ車、借りなくっちゃ。


6/2(日)下山祭@下山口会館

前日の夜から午前中までは雨で、午後から曇りの予報だったけれど

夜にも雨は全く降らず、午後からはとても気持ちのいいお天気になった下山祭。



120602_shimoyamasai_1.jpg



神明社あさいちでは、前々から町内会や子供会と協力し合いたいと

アプローチしていて、今回は町内会から6月は下山祭があるので

神明社あさいちが会館に来て一緒にやらないかと打診があった。



でも神明社あさいちは、神明社でやるからこそ意味があるので

会館に行くわけにはいかない。逆に下山祭が神明社に来て

一緒にやらないかと持ちかけたところ、町内会の諸事情があり

それはできない、と。そうやって一度は決別してしまったが

それではまずいと思って、あさいちとして下山祭に出店するのではなく

それぞれ個人が出店するのはOKなので、あさいち出店者に声をかけて

商店会の招待ということで出店してもらった。



今回は下山祭では常連の本ふじ、亀ヶ谷商事の生ビールに加えて、

はすくも、アベック、レパスマニスが下山祭に初めて出店。

下山会はラムネに缶酎ハイ。



120602_shimoyamasai_2.jpg



私は何か食べるモノを売らなくっちゃあと考えて

ハーゲンダッツのアイスクリームを売ることにした。







ところがこれにはかなり手こずった。想定外!

まずそもそもドライアイスが葉山ではGETできない。

当たり前にスズキヤに売っていると思っていたのに。

葉山中のスーパーに電話したけれど、どこにもなくて

唯一逗子のオーケーストアにあった。



前日の夕方近く、おいおい、今から逗子に行くのかよと

うんざりしちゃったけれど、誰か逗子からこっち方面に来る人、

と考えてみたたら、ピッタリの人がいた。

逗子の事務所から葉山に戻ってくる誠二さん。

いつものように、あっさり引き受けてくれた。

またもや誠二さんにお世話になる羽目に。

ありがとうございます。



おかげでドライアイスはGETできたけど

今度はドライアイスが入っていても溶けていくアイスクリーム・・・悲しい!!

その上、パキッと暑い日ではなくほどよい涼しさ。

これではアイスは売れない、その上原価計算するとやっぱり250円。

ほかのモノがあんなに安いのに、なおさら売れない。

売れない売れないと嘆いていたので、またもや優しい誠二さんが

消防団員8人にアイスをおごってくれた。ほんと、ありがたいことです。



テントの横のお客さん用テーブルでお菓子を食べている子供達。



120602_shimoyamasai_3.jpg



朝っぱらから当たり前のようにビールが進む下山会、氏子会のおじさん達。

開場してから終わるまで、いやいや終わってからは会館2階の座敷で、

ずっと飲んでおしゃべりを楽しんでいた地元のおじさん達。

ここではタダの酔っぱらいなんだけど、これがなにかお願いすると

たちまち威勢よく俺に任せろと言わんばかりに張り切って手伝ってくれる。

心優しく親切で、地元愛に満ちているんですよね。

その代わり、バッチリ筋を通さないと怒られちゃいます。



120602_shimoyamasai_4.jpg



通路から奥はフリマがいっぱい。



120602_shimoyamasai_5.jpg



裏庭は子供会のお母さん方のおしゃべりが弾んでいます。



120602_shimoyamasai_9.jpg





120602_shimoyamasai_8.jpg



子供会が出した綿菓子。当然子供は大喜び!



120602_shimoyamasai_10.jpg



今回は神明社あさいちを中止にして、できる人は下山祭に出店したので

お店の数が増えたせいかどうか、来場者も通年の倍ほどだったそうで

けっこうな賑わいだった。



120602_shimoyamasai_7.jpg



来年の下山祭にもまた来てね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。