スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく昼間の散歩

環境フェスタが終わり、一応の片付け関係も一段落して

気持ちがゆるみ、真っ昼間に散歩に行きたくなった。

寒い季節には珍しいこと。引っ張り出されるように浜に行った。



くっきりと富士山が見える。







寒くて風が冷たいけれどとても気持ちのいい日。

とてもきれいな青空だった。















今日は波がよかったみたいであちこちから波乗りに行ったという声を聞いた。

朝はもっといたんだろうけど、このときサーファーは一人。

そう言えば朝、晶から電話があって

「直美さん、ボディボード、行きましょうよ」

でもウエットもないのでお断り。

というか寒い季節にウエット着て海に入るのはごめんだ。

私にとって波乗りはギラギラの太陽とセット。







なんでもない平日の昼間、けっこうたくさんの人が浜にいた。

どの人も一人で来ていて、ただ座って海を見ている。

風を感じながらあたたかい太陽の陽を楽しんでいる。

葉山の浜の風景は心和む魅力に溢れている。










スポンサーサイト

モンサントの不思議な食べもの@アースキーパーズ

「サルでもわかるTPP」で評判の安田美絵さんに来ていただいて

分かりやすいTPPのお話し会をやったのが8月22日。

http://blog.lepas-manis.shop-pro.jp/?cid=36106



その時に映画「モンサントの不思議な食べもの」の話しになり

数人の人が上映会をやりたいと盛り上がった。

それから本気で上映会をやりたいと言って来てくれたのが

るんちゃんとミッシェル。



ちょうど同じ頃に鎌倉でも上映会をやるのでスタッフ募集という

お知らせをMLに流した亀時間のマサ。では合同上映にして

お互いのリスクを軽減しようと3人で亀時間に話しに行った。



そのうち10/28からCINEMA AMIGOでも公開することが分かり

それなら何も私たちが上映会のリスクを背負ってまでやることはなく

AMIGOで上映しているときに託児をやろうと言う話しに展開。

即AMIGOに行って源ちゃんと交渉。



何よりも小さい子どもを持ったお母さんに見てもらいたい。

家族の食卓を預かるお母さんにこそこれを見て知ってほしい。

キッチンから、食から地球を変えて行くことができるお母さん達は

「ハウスキーパー」ではなく「アースキーパーズ」!!

会の名称もアースキーパーズ。







お絵かき上手のミッシェルの書いたチラシ。

場所も逗子の蘆花公園にある平屋の古い民家。

参加者は朝9時半に蘆花公園に来て子どもを私たちに預け

AMIGOに行って10時からの映画を見て、また蘆花公園に戻ってきて

みんなで一緒にお昼を食べる。そのお昼ご飯もへっころ谷の

ケンゴ君がわざわざ藤沢から来てくれてほうとうを打ってくれる。

何とも豪勢なイベントになってきた。



最初の発案から2ヶ月の間、熱い思いを語るるんちゃんに

みんなが気持ちを合わせ、雪だるま式にスタッフや参加者が集まり

1回目は現場の下見も兼ねて蘆花公園のこの平屋で。

2回目はいさむファームの居間をお借りしての楽しいミーティングで

心が繋がり、重いが解け合い、今日すばらしいイベントの開催となった。

なんとスタッフ16人、参加者24人、託児をする子ども15人。

思いの外、大人数の催しとなった。





ほうとうの粉をこねる子ども達。







野菜を切るスタッフ。







託児風景。







ケンゴ君がほうとうを打ち始めた。

へっころ谷秘伝のほうとう打ち。

わかなぱんの和佳奈ちゃんが学生時代にバイトしていたへっころ谷。

和佳奈のパン作りの基礎、こねこねはここから始まったそう。























知らないおばさんたちに突然預けられたにも拘わらず

機嫌よく遊んでくれていた子ども達。







「角だし」という作業を始めたケンゴ君。

横で見習い(?)のるんちゃんの旦那さん 康寿。











そろそろ覚悟を決めて一流企業から脱サラして、

るんちゃんとカフェをやろうとしている康寿。

自ずと気合いが入って来る。











手際よくスイスイ進み、見る見る間に平たく大きくなっているケンゴ君のほうとう。











ミッシェルもトライ!







みんな少しずつトライ!







いよいよ切る。











ちょうどほうとうが出来上がったころに映画を見終わったお母さん達が戻って来た。

子ども達は大喜び。みんなたっぷり法統を食べながら、笑いながらみんなの話を聞いた。











全員が一人ずつ映画の感想、日々感じていること、今日感じたこと、

不安や憤り、これからの希望、こどもたちに託したいこと・・・

誰の話もとても心に響く言葉。

でも実際は名簿の整理にあっちこっち歩き回っていたいた私は、

ゆっくり聞けなかったんだけどね。











2ヶ月前からみんなで準備してきた

「映画モンサントの不思議な食べもの & 託児 by アースキーパーズ」。

驚くほどの人に来てもらえてすばらしい一日を過ごすことができた。

でもさ、勝負はこれから! これをきっかけに日々をどう生きるかだよね。



この日来てくれた男性は、へっころ谷のケンゴくん、

るんちゃんの旦那さん 康寿、「あんまのわ」でお手伝いしていたまさ君、

そして沖縄からやってきたガリさんの4人。

このためにわざわざ沖縄から来た訳じゃないけどね。



解散してから、久しぶりにあったガリさんと美和子さんと

レッドロブスターでゆっくりお話し。これまた、とてもいいお話しができた。

やっぱり大勢の人と話すより、少人数で目を見て話すのが性に合ってるな。



これからアースキーパーズがどう発展していくのか、どんな活動ができるのか

若いママ達に期待いっぱい!! 夢いっぱい!!

とても有意義でいい動きが始まりそうだ。



ケンゴくん、るんちゃん、たまきちゃん、お疲れ様でした。

参加してくれた皆さん、あれこれ手伝ってくれた皆さん、

すばらしい日をありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。