スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セージで一日を始めましょう!

ずぅ~~っと入れたかったホワイトセージを

SHOPのMY ROOMに入れました。



90年代の初めの頃、アメリカンインディアンにハマッていて

その頃にセージをいぶしてお清めをすることを初めて知りました。

さまざまな儀式の初めには必ずやりますが、出かける前とか

人が来るときに場を清めたりとか・・・



でもその頃手に入るものはスマッジと呼ばれる

セージやジュニパーなどのドライハーブを束ねて糸で巻いて

スティック状になったものだけで、

それは個人でほんの少しだけ使うのには大きすぎたのですが

今回入ったものはリーフのままなので

日常少しだけ使うのにはちょうどピッタリです。







私は毎朝着替え終わって一日の行動が始まるときに

セージを焚いて、自分自身や一日仕事をするデスク周り、パソコン、

そして仕事部屋全体に煙で浄化するようにしています。

新しい一日が与えられたことに感謝して

今日一日がいい日になりますようにと祈りを込めて。







詳しい説明は

MY ROOM を

ご覧ください。
スポンサーサイト

やっぱりOASISはすごぉ~い!!

毎年恒例のOASIS NIGHT DANCE PARTY

OASISは森戸海岸の海の家だけど、毎年1月に冬のOASISとも言うべき

新年会でもあるOASIS NIGHTを逗子のさざなみホールでやっている。







最初はスティールパンというトリニダードの打楽器バンド。

女の子6人にOASISの店長のサイケともう一人の男の子。

なかなかうまいしいいノリで楽しかった。



今年私にとっての一番の大ヒットは司会のガンさんの格好!!

最初視界に入った時は誰だか全く分からなかった。

真っ白のスーツに真っ赤なサテンのワイシャツ、赤いラメの蝶ネクタイ、

白いボアの帽子に赤い縁のめがね、白のオーストリッチのマフラーに

白いエナメルの靴!! 度肝を抜かれましたよ。

またこれが似あうんだぁ。その上その格好にピッタリのガンさんの身振り!



毎年みんなをビックリさせて、多いに笑わせ楽しませてくれる出し物があって

今年はCHAHATの社長、大竹さんを筆頭にした

REAL LIFE CREWというヒップホップダンスチーム。

これはホント、笑いに笑いまくりましたね。

まるでこんなダンスをするとは想像もつかないような

5人のオトコたちがホール中央でビシバシ踊って大受けでした。



そしてもう一つビックリしたのがうんちゃかのセアイ君!

カホンという箱ドラムがすっっごくうまくなっていた!!!

若干17才のセアイ君、十分一人前のミュージシャン!

なんと最近はドラムセットもやっていて

40代のおじさん二人とジミヘンのコピーバンドをやっているそうな。

聞いてみたいなぁ、と思っていたら最後のセッションでは

ドラムセットも叩いていて、やっぱうまい! この子って感じ。



私も思いっきり楽しんで踊りまくらせてもらいましたよ。

先週1週間は仕事仕事でずぅ~っと家にいて全く出かけていなかったので

1週間分の運動不足をこれで完璧に解消した感じでした。



考えてみるとOASIS NIGHTの入場料がたったの1,000円で

出演しているバンドが3バンド、ミュージシャンがたぶん全員で30人ぐらい。

バックには受付などの様々なお手伝いしている人たちが

最低でも10人ぐらいはいる。

そしてこの誰もがボランティアでノーギャラ。

彼ら自身が楽しいからやっているんだとは思うけれど

夏から今日までの間、企画して考えて考えて、

何度も何度もミーティングして話し合って、

みんなで練習して練習して練習して・・・

そしてこんなに楽しい時間を私たちに提供してくれて

これ、地域へのサービス以外のなにものでもないなぁ~と思って

ほんと、OASIS、ありがとう!!!



逗子葉山のこのエリアが今独特の「文化」を持つ、

とてもユニークで魅力的な地域になっているのも

30年前に、たぶん日本で初めての竹で作った海の家をオープンさせ

ライブをやり始めたOASISの存在がすごく大きかったのだと思う。

OASISからたくさんのミュージシャンが育ち、ダンサーが育ち、

オーガニックな文化が発展し、きれいな海を守りたいから環境問題にも敏感。

OASISから人の輪が広がり繋がり・・・

こんな地域に住んでいてよかったなぁと思える一日でした。

ありがとう、OASIS!!


MOON INDIGOの撮影、一応完了!

今まで単品の写真がなく、イラストで間に合わせていた

MOON INDIGOのショーツの撮影を、一応終わってデータを入れ替えました。



いやぁ~、写真はなかなか難しい!!!

自然光だけが頼りで撮るのにはやっぱり限界があるなぁ~、なんて

自分が下手なのを棚に上げて人に性にする。



昨日は一日かかって撮影したけれどひどい出来!

予想外にあっという間に一日が終わってしまい

その割には撮影は完了せず・・・トホホ・・・



なんと言っても一番の原因は、やっぱり手を抜かず

一つ一つアイロンをかけてクセやしわをていねいに取り除くという

前準備をきちんとせずにはっしょっちゃったことでした。



昨日の夜、前準備バッチリにして今日は早い時間から撮影開始。

まぁ、一応は終わったけれど、道具に頼る前にやっぱり撮影の仕方、技術を

もっともっと勉強しなくてはいけないと痛感!!!

それだけでなくphotoshopを上手に操れるようになりたぁ~い!!

湘南七福神めぐり

1月3日、お正月らしく「湘南七福神めぐり」に行って来ました。

「湘南七福神めぐり」という看板やのぼりを見たことはあったので

知っていたけれど、行こうとは思ってもみなくて、

今年は明子さんに誘われて二つ返事で行くことにしました。



最初はうちのすぐ近くの東昌寺(福禄寿)。

このお寺はうちから駅までの道にあるのでいつも前を通っていたけれど、

入ったことはなくて、ここがなかなかいいお寺でした。

参道の脇にずらりとろうそくが並んでいて、夜来るとすてきだろうなって感じ。

小さなお堂には、逗子の文化財である阿弥陀如来像があって

三浦半島では一番大きいと言われる身の丈2.5m、台座を入れた総丈3.6mのもの。

国の重要文化財の五輪塔もありました。

こんな近くにこんなお宝があったなんて。

ご本尊様は大日如来。ここは真言宗のお寺でした。

よく見てみると、「湘南七福神めぐり」のお寺はすべて真言宗。

でも七福神って真言宗な訳ではないよね、何でだろ・・・



後ろにそびえる山肌には、ちょうど私たちが今コミュニティーガーデンで

パーマカルチャー方式でやっている竹を使った土留めが設えてありました。

私が「同じやり方だね」と言うと、

明子さんは「どこでもこういうやり方をするのよ。」と言っていました。

なぁ~んだ、特にパーマカルチャーってわけではなかったんだ。



次は歩いて東逗子駅の光照寺(寿老人)。

ここにも神奈川県の文化財の阿弥陀如来像がありました。

帰り道をちょっと迷って、人の家の庭に不法侵入したりと

予想外の遠回りで長い散歩になってしまった。

明子さんは昼過ぎから始めて全部歩いても3時には終わる、お茶をしても4時だね、と

言っていたのですが、2軒回っただけでうちに帰って来たらもう3時前。

ここからは車で行くことにしました。



長運寺(布袋尊)、仙光院(毘沙門天)を回って葉山に。

怠慢な私たちは先にお茶とスイーツにしようとブレドールへ直行。

ブレドールのパンもスイーツも、ほんと、おいしい!!

普段は天然酵母パンを買っているけれど、たまにこういうパンを食べると

ほんと、おいしいなぁ~と思ってしまう。

チーズのパンには惜しげもなくたっぷりのチーズが入っているし

アップルピザはもう、最高!! 1週間分のパンとスイーツをしっかり買い溜め。



おなかが満足したら玉蔵院(戎神)。海に一番近い玉蔵院は海の神様えべっさん。

隣の一色会館で行われるイベントが多いのでよく行っているけど

玉蔵院には入ったことがなかった。ここもなかなかきれいないいお寺。

今度一色会館に行った時はもっとちゃんとしっかり見にいこうと思いました。



この辺でもう時間がなくなってきてあとはかけ足で、宗泰寺(大黒天)。

最後が延命寺(弁財天)。このときもう既に5時の鐘が!!

危うく弁天様のお顔をGETできなかったらヤバい!と走ってしまいましたよ。



このお顔というのは、土鈴、素焼きでできた七福神の顔の鈴です。

それぞれのお寺でそれぞれのお顔を買って、五色の短冊や絵馬や小判が付いている

笹につけて七福神を集めていくのです。

でもこの笹は安っぽいプラスチック製、興ざめなので、

明子さんが本物の笹を刈って来てくれました。

これで御利益倍増、なぁんてことはないか・・・












続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。