スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来への夢と希望満載・たっぷり満喫・とことん幸せの旅 PART 1

9月に地域の仲間で行われた非電化工房ツアー。

http://www.hidenka.net/jtop.htm



そのとき私はどうしても行けなかったので

同じように行けなかったトランジション葉山の

http://tthayama.blog10.fc2.com/

吉田俊郎さんが、もう一度ツアーを組もうとしていたら、

12月にcoyaの社員旅行で非電化工房に行くとの情報。

これ幸いと、便乗を決めちゃいました。



結果的にはcoyaの家族とスタッフ http://coya.jp/

たかいく農園の家族とスタッフ http://www.takaiku-n.com/

griotの家族とスタッフ http://www.griot-net.com/aboutus/index.html

そして俊郎とkcoさんと私で、18人プラス子供3人、車4台と大人数での実施。



朝6時半にお迎えで(でも結果的には7時半だった)一路那須へ。

きこちゃんがランチを予約してくれていたのは創造の森農園レストラン。

http://www.pclifes.com/~souzou/



ここはお父さんが30年前からシュタイナー保育園をやっていて

息子さん夫婦がレストランを経営している。

何とものどかで牧歌的な農園の中に山羊もいて

保育園があり、レストランがある。









きこちゃんが頼んでおいてくれたベジランチはとても美味だった。







もうここのランチとすばらしい環境をのんびり味わえただけでも

私にはすでに目的を果たしたかのごとく満足だった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そして迷いながらもやっと非電化工房に到着!

藤村さんがあたたかくお出迎えしてくれ、のんびりとした空気感の中

息子さんのけんいちくんが敷地内の建物を一つ一つ案内してくれました。

彼は3年間世界一の電機メーカーであるアメリカのGE(ジェネラル エレクトリック)に

勤めたあと帰って来て、非電化工房でお父さんの右腕となっているようです。

これって最強コンビだよね、だってGEにいて今度は非電化だよぉ。



けんいちくんの説明はとてもていねいで親切この上ない。

同じ説明を何百回として、同じ質問を何十回と受けているだろうに

ほんと、懇切ていねい。その真摯な姿勢にとても好感が持てました。



非電化冷蔵庫、ムーミンハウス、籾殻ハウス、太陽熱と薪の風呂小屋、バイオトイレ、

建設中のストローベイルハウスなどなどを見て、最後にアトリエ。

木工や金属でものを作るのが好きな人には溜まらなく贅沢なアトリエでした。







非電化工房の写真はHPに出ているのでここでは掲載しませんね。

でも、そのアトリエにある藤村さんの古い道具コレクション。

中でも私がすご~く気に入ったのがこれです。







ガスコンロの上に置いて使うオーブン。こんなの、私もほしいよぉ~!!

続きを読む

スポンサーサイト

未来への夢と希望満載・たっぷり満喫・とことん幸せの旅 PART 2

温泉に入った後は晩ご飯。

おなか空かせてたどり着いた「アジアン食堂 籠」

ここはきこちゃんの妹さん夫婦がやっているカフェ。

今夜はここにお泊まりさせてもらうことになっている。



来てみると、この「アジアン食堂 籠」、すばらしいお店だった。

葉山にはこういう店よくありますが、住宅街の真ん中にあるお店。

住宅街の真ん中って言ったって、ほんとマジに住宅街。

こんなところにお客さん、来るのかしら、と思うような場所。











ところがどっこい、中に入って見ると、お客さんがいっぱい!!

そして外から見るよりう~~んと奥行きがあって、

段差や区切りで3つぐらいのエリアに分かれていて、

これがまたチョーかわいいんだ!!!







一番奥のキッズプレイルーム。めちゃめちゃかわいい!!

窓のさんに仏様の像が置いてあって

「おかたづけのかみさま」と書いてある。







元々ご実家のガレージだったところを改装して

カフェにしているので、ここも実は外。

ビニールカーテンのようなもので囲っているだけ。

でもこれがなんともアジアっぽいし気楽な開放感がある。

きっと夏は開けっ放しにするんでしょうね。夏にも来てみたい。







天井もビニールシートにすだれ。いいなぁ、このイージーさ。

きこちゃんといい、妹さんといい、根本家の方々はセンスがいいなぁ。

入り口入ってすぐのカウンターエリアの写真は撮りそびれちゃいました。



言い忘れるところだったお料理ですが、これもまた美味、美味。

味のセンスも家系でしょうか・・・



そして飲んで食っておなかいっぱいになって

話しに熱中して・・・それぞれその場で寝ちゃったって感じで

お店の中とご自宅に分かれて雑魚寝。

楽しい感動に溢れる幸せいっぱいの日がこうして終わりました。

未来への夢と希望満載・たっぷり満喫・とことん幸せの旅 最終編

翌日はあんざい果樹園。

ここでみんなそれぞれ行きたいところが3つに分裂して

結果的にあんざい果樹園に行ったのはcoyaチームと

私と俊郎、たかいく農園の清さん、ゆうすけ君。

私もSHOZO CAFEにも行きたかったけれど

必ずまた非電化工房に来る機会があると思ったので

今回は諦めて、行く機会がより少ないと思われる

あん果樹(あんざい果樹園)に行くことにしました。







長いドライブの末たどり着いたあんざい果樹園は

とぉ~~ってもすてきでした。

さりげない手作り感に溢れたお店もかわいいし、

オーナー夫婦のしんちゃん & あっこちゃんも

とてもすてきなカップル。







2年前にりんごの木村さんのところに行ってお話しを聞いて

1年間考え悩んで、今年から農園の一部を無農薬・無肥料でチャレンジしている。

これが1年目の無農薬・無肥料のりんゴたち。

とても小さくて黒い斑点ができていて、売り物にならないだけでなく

食べても全然おいしくなくて1個を食べ終われなかった。







こちらは今まで通りのりんごたち。きれいにたわわに実って笑っている。











100年前に隣村から移築したという母屋は、これまたチョーすてきな日本家屋で

ご両親の住居でもありながら、お母さんがやっている「器や」というギャラリーで

主に白い食器やリネンの洋服やバッグなどの布ものを販売している。

これがもう、ほんとすっごいすてきでぇ~、こういうの大好き!!!

でもこの築100年以上のこの家があってこそなので

そうそうマネできるものでもないよね。



こういうお店に来ちゃうと、今までならチャッチャッと

好きなものを選び出し、2、3万ぐらいはサラッと買っていたものだけど

無収入となった今は、必要不可欠なもの以外は何も買わないことにしている。

従ってじっくり一つ一つを見ることはしないように我慢したんだよね。











直売店の裏にはCafe CAVEがある。これもまたおしゃれなCafeで

雰囲気がcoyaみたい。入ったとたんに「わぁ、coyaみたぁ~い。」って

言うと、きこちゃんが「好きなものが同じだからね。」と言っていた。







私は料理はあまり好きではないけれど、

パンが好きでジャムの消費量がかなり多いので

時々熟れすぎた果物でジャムを作ったりしています。

あん果樹でも熟れすぎて売り物にならないようなりんごとなしを

格安で分けてもらってジャムを作ることにしました。

ジュースも何本か買いました。





あん果樹を出る頃にはすっかり夜のとばりが落ち

2日間の満足に満ちた旅が終わろうとしていました。

いえいえ、運転してくれる男性陣には

これからまだまだ長ぁ~いドライブがありましたね。

運転を担ってくれた、俊郎、清さん、お疲れ様でした。

そしてこのすてきな旅を私に提供してくれた多くの皆さん、

そしてそしてこの旅を一緒にシェアしてくれた仲間たち。

このすてきな旅は私の大切な一生の思い出になりますよ。

本当にありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。