スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域手当のその後


4月26日の町議選に向けての選挙活動ではまるでそれが争点の如く語られていた地域手当。
6月の議会で結果的にどうなったか、たくさんの方が知らないようなので
こんなちらしを10,000枚作って全戸配布しようとしています。





 
スポンサーサイト

激戦! 葉山の町議選!

4月26日に行われる葉山町議員選挙。

誰に入れればいいのかよく分からない、誰に入れても同じじゃん!と

何も変わらないと思っている人に、耳寄りなニュースです。



そう思っている人が多いから投票率が低いのなら

誰にいれればいいのか、分かるようにすれば

投票率が上がるかもしれない、とにかく投票率を上げようと

立候補予定者全員に町政に関する25の質問でアンケートをやりました。





すべての回答の内容はトランジション葉山のブログでご覧になれます。

http://tthayama.blog10.fc2.com/blog-entry-150.html

4月12日県会議員選挙

実は町議選よりも先にあるのが県議選で4月12日です。

今逗子葉山地区では、現職の近藤大輔と

矢部房男(自民党公認候補)のお二人が立候補を予定しています。



3/23(日)@逗子文化プラザホール なぎさホールにて

会場18:30 開演19:00~21:00 入場無料

一般社団法人逗子葉山青年会議所主催の公開討論会が行われます。

http://zushi-hayamajc.jp/newsblog/20150223.html



またその数日後、近藤大輔のお話しを聞く会も開催します。

こちらは矢部房雄さんにも声を掛けましたが

お断りされたので近藤大輔一人になります。



3/26(木)@堀内会館 19:00~21:00

ほとんどの時間が質疑応答になります。

気になることいろいろ、意見を聞いてみよう!







ちなみに近藤大輔の回答は

集団的自衛権、TPP、原発再稼働、地秘密保護法、横須賀基地、

すべてNOです。












第2弾 立候補予定者のお話しを個別に聞く会

2月7日の町議選立候補予定者4人の公開討論会では

公平さを主軸に置いて、全員に全く同じ質問をして

同じ時間内で答えるというやり方で行いました。



今度の立候補予定者のお話しを個別に聞く会では

最初に自己紹介、志望動機、

町議になったら何を優先してやりたいのか、などを

15~20分ぐらいでお話ししていただき

あとは質疑応答だけで行います。



さぁ~、聞きたいことドンドン聞いてみよう!!

















葉山町議選 候補予定者 公開討論会

早朝から大忙しだった昨日、締めの夜は「葉山町議選 候補予定者 公開討論会

持続可能なまちづくりを志す候補者を探そう」@葉山福祉文化会館。



4月26日の町議選に立候補を予定している新人4人に来てもらって

それぞれに全く同じ質問をしてご意見を伺いました。

30人は来るかな、50人来たらうれしいね、と話していて

実際に来てくださったのは44人、山梨町長も来てくれました。

候補予定者4人と私たちスタッフ8人、56人でした。







お越しいただいた方から

=======================================

町議選の新人候補のお話会はとても実りのあるものでした。

1 主催者が国政問題のテーマと自治体の抱えるテーマについて

  意見の場を与えることで候補者の考え方、人となりが短時間に聴衆に伝えられたこと。



2 主催者側がコメントなしに淡々と公平公正に進行させていたこと。



3 1と2の効果が候補者に真摯な態度で意見表明をさせていたこと。



シンプルさがかえってストーリー性を産んでいて

聴いているだけで楽しくなるものでした。



この場での体験は、候補者が議員になった時に

初心にかえる原点の一つになるものではないかと感じました。

貴重な場を与えて頂き感謝してます。今後の健闘を祈ります。

=======================================

といううれしいお言葉をいただきました。

徹底して中立の立場に立ち、不公平のないように

工夫したことがいい結果を産んだのだと思います。



飯山さん、山田さんが仕事で遅れるかもしれないと聞いて

綿密に作った分刻みのタイムスケジュールなのに、

意味ないじゃん、どうしようかと思っていたら

飯山さんはけっこう早く来てくれたし

山田さんも滑り込みセーフでやれやれでした。



最初に、一緒に企画した明子さんがTT葉山のこと、

葉山VISIONのことをサクッと説明して始まりました。

そしてそれぞれ4分ずつの自己紹介。



細川慎一さん





石岡実成さん





山田由美さん





飯山直樹さん





その次は葉山VISIONが掲げる課題9項目の内、7項目

「自然環境」「食の地産地消」「住まいと景観」「福祉」

「教育と文化」「交通問題と道路」「行政」について

それぞれ1項目2分で考えを話してもらいました。



これが地域に密着したさまざまな問題点をかなりカバーしていたと思います。

2分だとけっこう短すぎて時間が足らなくなるのでと思っていたんだけど

案外そうでもなくて、時間が余っていたので休憩時間を長く取ることに。



その間、来場者に先にお渡しして書いてもらっていた質問用紙を回収して

実際にする質問を選び出しました。



単に「質疑応答」って自由に質問できるようにしてしまうと

たくさんの人が質問と言うより自分の意見や個人的な問題を、

それも延々話されて・・・とか、人前で話すことはできないけど

紙に書くのならOKという方も多いので,

質問したいことは事前にお配りした用紙に書いてもらい

休憩時間に回収してこっちで質問を選び出しました。

用紙を見ていると、やっぱり質問と言うよりは「文句」や「個人的意見」、

いっぱいありましたねぇ(笑)マイク渡して質問させなくてよかったぁ(笑)



またその質問も、上記の葉山VISIONの7項目に関するものに限らせてもらいました。

そうすることによって地域に密着した問題に対する

個々の姿勢や意見、考えが分かり、もし町会議員になった場合に

どういう動きをするのかが分かりやすいと思ったので。



それとは真逆に、国政に関しての6つの項目に関して、事前に

それぞれ注釈はあるだろうけど、とりあえず基本的にYESかNOで

答えてください。というアンケートに回答してもらっていました。

これがその回答。







休憩後はその回答に関して5分ずつ話してもらいました。

たとえば実成さんの憲法改正YESと言うのは

9条のことではないと分かって、ああ、よかったぁ~。



この件に関して来場者の方から9条改正にYESかNOかと

明確にしないと混乱が生じると言われました。ごもっとも。



山田由美さんの横須賀基地条件付きのYESは、

アメリカが国際平和利用するという条件下ならとか、

でも、それってあり得なくなぁ~い?!



私的には、これだけでも誰に投票するべきかはっきり分かりますよね。



そして皆さんから募った質問をいくつかしたところで時間。

こういうので往々にしてはまりがちな時間がなぁ~い、にならず

かなり淡々とスムーズに進行できたと思います。



山本さんに録画してもらっているので

(山本さん、ありがとうございます。)

3月になっちゃうかもしれませんが、出来上がったら

YOU TUBEにも流しますので興味がある方は見てください。



そして今度は、この4人+伊藤圭介さんの個別のお話し会。

そして県議選立候補予定者の公開討論会もやりますよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。